2017/01


の口腔の潰瘍、は口内炎が口腔粘膜上の表の淺い性潰瘍.中国医学の観点、口腔属の好みが主で、その面発生病変が多いと好みの機能の失調に関して、違うタイプの違う治療の民間の処方.

1、1、胃が熱くて暑い<P>Pは、口腔潰瘍患者の70 %以上が約.会って口でびらん症瘡面瘡ができる、赤み、はれ、灼熱の痛み、さらには口臭歯ぐきの腫れ、に伴う喉が渇いて多飲、尿黄便秘、舌の赤苔黄、脈の滑り数.治宜を下げてのぼせを下げる、洗い流す胃の熱い.

方薬:山zhiじゅうにグラム、コガネヤナギじゅうにグラム、レンギョウじゅうにグラム、大黄じゅうグラム、芒硝さんグラム、ミントはちグラム(後)、黄連じゅうグラム、笹じゅうグラム、甘草はちグラム、水を煎じ、毎日いち剤.

二、好みの阳虚

この型は珍しい

に多くみられる中高年や虚弱体質の幼児、症見口瘡ができる、潰瘍が白で、週囲から赤、数量が少ない、久治愈えない、伴四肢暖かくありませんて、口が好き腰背温かい飲み物、だるくて痛くて、頻尿清長舌の苔、大便糞便、薄い白飽き脈は瀋んで弱.治療に適した温は脾に腎臓、引火して源に帰する.

方薬:制附片じゅうごグラム(先に焼いてさんじゅう分)、シナモンさんグラム、耕地にじゅうグラム、サンシュユじゅうにグラム、山芋さんじゅうグラム、丹皮じゅうグラム、茯苓じゅうにグラム、たくしゃじゅうグラム、ソウジュツじゅうグラム、水を煎じ、毎日いち剤.

p3、とも弱い

に多くみられる女性患者に会い、症口瘡ができる再発、瘡が淡こみ、伴は神が疲れない思飲食、四肢暖かくありませんて、大便はまばらで糞便、舌の苔白薄い、脈が弱々しい.治宜補う中に益の息、内臓を強くする化湿.

方薬:あぶる黄耆さんじゅうグラム、紅參じゅうグラム、当帰じゅうグラム、陳皮じゅうグラム、サイコろくグラム、ショウマろくグラム、藿香じゅうごグラム、茯苓じゅうグラム、ビャクジュツじゅうごグラム、甘草ろくグラム、水を煎じ、毎日いち剤.