2016/05


この季節の日照時間が短く、
帰りのバスの上で,
街角のネオンにすれ違い、
から帰った途中の錯覚が永州、
さらに不可解舎てないで.

pこの街、

夏には歓喜,筋肉疲労、

冬も穏やかにマイルド.

ここに旧友交差ぐるみの時に集まり、

貧しい貧しい貧しい騒ぎも気が狂って、楽しくて、

彼女たち以外の他の人は知っている私の過去、

もし聞かれるのは、

1筆の簡単なことばを持っていくことは、

/>ない気まぐれと私から未来を検討し、

私も受動心配もない.

たとえ髪は街を歩いて、

道行く人丁笑い話も恐れない.

でも

見知らぬ人としては、なじみの場所が自在、

熟知して見知らぬところは心から畏怖としている.

私は、私はこれが好きなのもいた二年余りの小さな町で、

私は古くなって、

木の根は木の本の屁理屈気持ちは年齢の増長が徐々に派生、

私は地方の服.

私は私たちも同じ、

簡単に頼りに,

簡単に忘れがちに.