2009年には1年H 筋肉疲労1 N 1は公式統計より10倍以上に死亡していた

「2009年世界p>いた豚インフルエンザ(新型インフルエンザが爆発し、メキシコ、アメリカまず陥落して、その後の流行を世界に広め、当時世界保健機関(WHO)は全世界のインフルエンザの大流行の警告レベルに引き上げる最高レベルの第ろく級.WHOは、世界で約18、500人が死亡、最新の研究統計によると、実際に死亡人数は公式統計数字の10倍、可能性は20倍にも達しているという.

「新型インフルエンザは元来一種の病気に感染ブタで、やけにA型のインフルエンザウイルスが、緻死率は約0 . 6%は、この研究は一見だけ数字リフォーム死亡して、しかしそれは助けることに直面するグローバル公共衛生体係があるかどうか発生時,十分なひずみ能力によって、場合にのみ公式発表の数字は、一部の人が十分によるとひずみ能力が、最新の統計データ,ひずみ能力もないかもしれないように.

研究チームは26カ国ろくじゅう名の研究者参加から構成して、彼らはWHOの原始データ(21カ国、人口約世界全体の人口数の35%)を中心に加え、新たな方法を統計数字と全世界の死亡、結果若以呼吸不全で亡くなった人の数をシステム(来試算「新型インフルエンザウイルスに入れば肺の中で、による肺炎などの重症)、約203、000人死亡.

しかし、それは他の病気の人、1、1、新型インフルエンザの死亡人数はもっと高く、400、000人に到達可能性があります.また研究チームはインフルエンザの大流行と2009年には,筋肉疲労、その一年で、62~85%の死亡者の年齢65歳未満と、季節性インフルエンザによる死亡の民族が明らかに違う、季節性インフルリスクの高い者は年齢の大きい人.

p>それぞれ<なら点検単一国家の死亡率も発見と公式統計場所の違い、例えばアメリカ州国を含む、メキシコ、アルゼンチンとブラジルで「新型インフルエンザによる呼吸不全の死亡率は最終的にシステムを他の国より高いにじゅう倍、ヨーロッパ、ニュージーランドとオーストラリアの緻死率は低い.

アメリカと東南アジアの感染がかなり深刻になっているとみて、アメリカ州とヨーロッパの状況はわりに良いと推定されている.未来の研究チームは、なぜ国家の疫病が深刻になって.

は2010年後、「新型インフルエンザウイルスの感染は趋缓が、WHO警告各国公共衛生体係は常時監視するべきことは、このウイルス変異割はさらに激しくのウイルスは、地球による第二三波流行.