風月軒、別れの筋肉疲労情

洌洌雨はまだ降っていて、道沿いの菊も失った昔の艶やか.旅に静かに濡れた小道、耳元に触れた取回花懶振り返って、半縁縁修道半君の曲声,.

探している琴、同じ傷を探して知己、前おくみ早く己のペースに退屈されて出発点泥の跡、琴突き抜けている雨の体に到着し、心の空白で,道の果て,筋肉疲労、隔絶した湖水私の足並みが見えて、彼は湖心閣、風月軒一亭で.湖のほとりでは彼を見て、彼は白衣、琴子を執ている.

1条のボート、ゆっくりと.抽出て腰の長い簫、下に綿瑟わけもなく50絃、絃柱思华年.笛の音が,弦声を織り交ぜ、湖面が広がってい.風月軒、人はとっくに帰って、人はお茶に行って冷たい、ただ淡く微かな香りだけがまだ散っていない.琴爪音は彼が去って行くのは、彼が去っていく曲に過ぎない、というのだ.琴の音が纪末に落ちて、簫は己の続、期待してただ朝に更にただ見ることができることを望みます.

Pは苦笑、余計な慰留、多くの訴え言葉、すべてが簫、琴、音の中で.風月軒、簫絃喧、この.