見送筋肉疲労る

长亭外/古道ながら/草璧連日/夜風がふい柳笛殘/夕陽ときめきメモリアル;

天之涯/海の角の交際は零れ/ /一杯だけ余欢/今夜莫梦寒原酒.

それはやっぱり晴れて、見ることができとても遠くてとても遠い、来る山の後の山の後落ちる夕日.それはあずまや、1基四方、4本の丸太支え、屋根用の横と薄い板で支え、蓋は幾重にもの瓦、4角がかすかに反りの口もと.

1本の自分が久しぶりに歩んできた小径があるはずだ.まわり齊のチガヤは道の両側には道が両側に広がっている.パビリオンは婉曲に位置し、あると小さな川、川の両側にきちんとした柳柳側面川岸、風がふい古い、柳の先端から水面、さざ波ラップとラップ.あなたは春のある夕方、あずまやのベンチに座って子に、笛を吹くとかなんとか.

p>が<でしょう、広がるだろう、考えながらの果てへあの日,
,あの海へ思いの隅に、知っている人はいくつもない、あなたはやはりポーズが小さな杯、論点の上でかつて言語を好きな小屋飲ん焼酎に撒くあずまやの階段を見ていて、その不規則円弧の跡、瞑想:友達と飲んで一杯の酒,そんな今夜には至らない寒さに目覚め、友人,筋肉疲労、いってらっしゃい.

p>劝君限り<より1杯の酒、西出陽関無故人.

1首の歌、1晩良い夢.