筋肉疲労の予防と改善方法について

長時間イスに座ったままだったり、無理な姿勢を続けたりすると、筋肉の血行が悪くなって乳酸という疲労物質がたまり、筋肉は硬くこわばって痛みを生じます。
また、硬くなった筋肉は血管を圧迫するため、さらに血行が悪くなって疲労物質がたまり痛みが増すという具合に、悪循環を繰り返します。
痛みを改善するためには、長い時間同じ姿勢を続けないようにし、適度な休息を心がけましょう。
通常の筋肉痛であれば、日頃の生活習慣で十分に予防することが可能です。筋肉痛は日常で筋肉を動かさないことに対し、急激に運動をしたときに筋肉内の筋線維に損傷が起こり痛みを伴います。
予防するには
定期的な運動
運動前のウォーミングアップ
運動後のクールダウン
毎日の生活に、極力階段を使う、乗り物を使わずできるだけ自分の足で歩くようにすることで予防になります。運動の後に筋肉を揉んでなじませることやアイシングなども予防策として効果的です。