李:筋肉疲労済仁斎书论立

p <,
;被害」論<修徳修芸

古今凡著作をする者はまず尚意?.しかし何は尚意?いわゆる尚意、つまりは簡単で理解を本叙情写意で、尚意内包、書道と実踐を見ると、は、二つの侧面:

pは,筋肉疲労、本の重い人柄.蘇軾曰:古の論書者,兼论その一生、苟非その人は、工も高くないも.事実は確かに、事実は確かにそうだ.例えば宋の指す:宋之四大家:蘇、黄、メートル、蔡、即ち実例.蘇軾、黄庭坚、米芾の上物に亘って、然蔡京はさもなくば、その乃奸佞の臣、後代の悪その行、だから学問品行ともに優れている蔡蘘代の.だから、著作をする者はまず、徳を修理して,このは書道の先生たちがメインの任務で、いわゆる:読み書きができる、知識礼儀があるも.

2は、書道の創作に工夫を凝らして求めて、然これも修徳の基礎の上のことは自覚したのは、理論の指導の下で行ったのも無理はない.蘇軾曾言:吾が本は不振、然出新味、踐古人は、早くも.新味とは、古人を踐ないと.黄庭坚言:「随人作计終後代の人で、独自の世界を作っている始迫真.

を見て、先に修徳は根本の著作をする.だから、吾著修徳修芸編警世人で、これは著作をするのが務.

日清年冬二零一四十一月李立