春の筋肉疲労花の雨

雨の夜に独倚

窓辺に、聞いて寂しい風が撮り簾.無力な思考を、そのひさしの間に長雨、こまめに終わると負傷の叫びが遅く、寒々とした雰囲気の中に立ちこめる拡散.

p>――題辞/彼女<朝花

いつからか、季節の味わいを忘れてしまいました.いつからか、雨の日がある日,私はいつもあなたを深く思い出す.自分は自分の世界に禁錮て、外界の変遷を気にかけないかもしれない.自分の世界の中で、私は自分で一杯の涙雨に瀋黙.君と色付く再後味飄雨間、より葉軽いかぐ、振り返ると、そればかりの談笑.

p>と<書い万思いも恐言醜い箋短く、訴えにくい全,
.そこで、僕はこの千千にコンプレックスを誰にもできない感情を整理して、自分にしかない自分でゆっくりと少しずつ思い出、ぼんやりしたが、会は視線だけ?窓の外は一面のファン滢、こんな雨の夜、様々な雨粒のように私を呼び覚ますの季節感、それは極力によると情報:春がきた.

p>一夜の落花生<軽い雨、続いて垂杨柳巷撒き散らして入って、たおやかて春を、全体の世界が立ちこめるこの薄い香雾で声がもの悲しいさま.枝に錦のような桜の団咲き姿が全体を経て出来上がり冬の寂しさの釈放のように、いくら夜の孤独で寂しいか?にぎやかな所の見落とすがありますか?いくら両の手のうまい物の淡い?多少のいくら、がこの春の中に、化し錦城花でいっぱいの煙霞色、美しく中に濡れた記憶.

雨で軽く浮き上がっ、心梦一簾、風漫心窓、折りたたみの想い.ある夢、そっと忘れてた.あなたの眉間、風の中にぶら下げ、あなたは、ささやきの纏綿を聞いているかどうか.撚り曲がったところの心で、係と風の中で、雨落下時、あなたが見えて舞い散る花びらが.小雨の綿を取る、蝶の香りの一枚を、聞いて風を聞いたり雨.深い思いに深く荒涼,筋肉疲労、歳月はあの時の姿を覚えて、しかしあなたはすでに過去になって……