救急法を4歩筋肉疲労捻挫て教える

の生活でよく発生捻挫、ねんざ、筋肉などの事故を傷めること、これらが現れたとき、米を身につけ(英語ライス)救急法、病状が悪化を避けることが、速く回復の役割.

第一歩、休み(Rest).負傷後はすぐ休み、高速回復、痛み、出血、腫れて、傷の悪化により悪化.

第二歩、筋肉疲労、冷罨法(Ice),.休憩15~20分後に冷罨法15~20分、氷の休憩で5分後に再倉敷.血管収縮、腫脹、痛みと痙攣を減らします.冷罨法は4つの段階:寒い→痛み→灼け→しびれ、麻痺時には冷罨法を終わります.冷罨法を停止しないでください、後に2日以内に毎日冷冷罨法少なくとも3~4回、深刻なダメージを使用時には、冷罨法3日後、腫れが明らかにされている場合、茹でる.

第3歩、加圧(Compression).まず傷口をきれいに包帯でて、手で、圧迫包帯などを、傷が悪化して速度を緩める.くるむ時、傷の数寸の下から上へバッグを始め、約半分ぐらいして螺旋状が重なり、平均で少しのストレスは次第に包んで、傷が経に松ですが、保証傷肢血行暢通.指先で指の色を露出し、痛み、皮膚変色、麻痺、ヒリヒリなどの症状を観察し、「すぎる、というのは、大切にし、重包みを解けます.

第4歩を持ち上げる(Elevation).傷が患者をより心臓高度、止血止腫.骨折が疑われる場合は、まず傷を副木をさした後に更に高く.

(責任編集:徐晓宇)