小さい粥の筋肉疲労作り方は初秋の季節の養生のかゆ

夏にエアコンを吹いて、人体の好みが弱まって、免疫力が低下していて、免疫力が低下していて.では、健康な食事方式で機体の状態を調整し、元気を補充できます.じゃあ小編集でも栄養補給を推薦し、消化吸収の食べ物を消化しやすくしているという.

アワのかゆは“黄金の粥”の美称があって、アワ必要がないから精製され、それを保存していた多くのビタミンと無機塩、アワ中のビタミンB 1は米の数倍、アワの無機塩量よりも高い米.アワのかゆはまだ滋陰血,胃と睡眠などの効果.

1杯、トウモロコシのおから半杯、さつまいも1根.

P作り方:

p> <いち、アワやとうもろこし粕を加えやや後、清水大火煮沸後、転中小火.

1,2、サツマイモの皮は皮をむいて皮を洗って小さく切って、煮て開いた小さい粥の中で同じ煮て煮て.

P3,筋肉疲労、などのアワとサツマイモはすべて熬に熬ます
.

に気をつけている

に気をつけてくださいp> <いち、煮アワのかゆの時に参加して少し白米やもち米、とうもろこし粕、サツマイモ、カボチャ、山芋などを煮て、栄養も増すことができるばかりでなく、改善することができる粗いアワのかゆの食感をもっと濃稠粥綿滑り.

1、2、小さい粥を煮て、熱いうちに食べて、涼しくなります.