冬の筋肉疲労養生のスープの冬養生スープの作り方の大全

立冬過ぎて、朝晩の気温が下がったいち℃~に℃ですが、それでも、まだそろそろ涼しく時節.秋の季節には、栄養を強化して疾病の予防に予防、自身の免疫力を増強していた.下に紹介ななしち項養生汤品冬、あなたの毎日を飲む.

月曜日:漢方鳩の乌骨

煮るスープ

原料:温氏乌骨鶏一羽、漢方鳩のひゃくグラム、豚バックボーン200グラム、オニバスの実25グラム、姜三片、蜜枣さん、適量の塩.

P作り方:

p> <いち、温氏乌骨鶏,筋肉疲労、漢方鳩のオニバスの実などを入れて、きれいに洗ってスープの中で;

に、豚バックボーンはお湯で煮飛水を入れて、スープの中で;

さん、切3切れのショウガを入れてスープを入れて碗の中で、じゅう清水猛火で水を沸騰後に変更、とろ火煮る2時間;

4、スープには適量の塩味がしていると、

4、スープには適量の塩味がする.

効果:オニバスの実が脾臓、祛湿効果、温氏乌骨鶏メラニンを含む、B族ビタミン、じゅうはち種類のアミノ酸とじゅうはち種類の微量元素、しかも脂肪含有量が低い、この道汤能健脾臓が祛湿、利水腫、元気をつける養生.

火曜日:ツリガネソウ百合湯

肺を潤すこと

原料:北ツリガネソウじゅうごグラム,ユリさんじゅうグラム、イチジク5個、豚赤身じゅうはちグラム、陳皮いち片.

P作り方:

1、先にイチジクを洗って、きれいに洗って、半分にして屠るます;

に、豚赤身をきれいに洗って、飛水、北ツリガネソウ、陳皮、ユリをきれいに洗います;

3、すべての材料はすべてすでにbaoたぎったぎっの水の中に入れて、引き続き中火で約2時間、少量の塩味をプラスして,すぐ飲むことができます.

効果:北ツリガネソウ、ユリとイチジクが肺を潤すこと、潤の乾燥している清咽養陰の役割に加え、栄養滋陰の豚赤身といい、燥湿去痰のガス健脾臓陳皮、喉を潤し、声帯、流暢な大便、痔の予防効果.